iTherapy(アイセラピー)

長崎発 介護の現場を動画で「見える化」するアプリ

「iTherapy(アイセラピー)」は、ICTと動画、AIを活用した介護現場の情報共有システムです。iTherapyを活用して介護現場を見える化し、多職種連携を促す事で介護従事者の方々のスキルアップや生産性(自立支援)を高めるデジタルソリューションです。(2021年 九州ヘルスケア産業づくり貢献大賞「特別賞」受賞)



iTherapy広告動画(15秒バージョン)

iTherapy広告動画(3分バージョン)



東七株式会社 東七介護サービス/リエゾングループ共催

Webセミナー

介護現場の⽣産性向上には、より良い介護計画の下で利⽤者、従事者の双⽅の介護負担軽減につながる「⾃⽴⽀援」への取組みが重要です。そして、⾃⽴⽀援への取組みには、ICTを活⽤し介護現場を情報化する等の「介護DX」が進んでいます。

しかし、⾃⽴⽀援の為の介護DXについて、その具体的な展開⽅法やその効果等については事例等の情報が少なく、且つ現場の実務負担も増えてしまう様なイメージから「現場応⽤は難しいのではないか…」という印象を持つ⽅も多いのではないでしょうか。そこで今回のウェビナーは、リエゾングループの川副巧成⽒を講師に迎え、介護DXの応⽤編として、ICTを活⽤した助⾔コミュニケーションによる⾃⽴⽀援型介護の展開と必須のICTツール「iTherapy」の活⽤等について詳しくお話し頂きます。

●日時:令和4年9月29日(木) 第1部:14時~14時40分/第2部:19時〜19時40分

※第1部、第2部は同じ内容となります。※Zoomによる視聴となります。

参加費:無料 申込締切:令和4年9月27日(火)

●内容︓介護DXで現場の⽣産性向上(応用編)

〜ICTを活用した助言コミュニケーションによる自立支援型介護の展開〜

・ICTで介護現場を情報化する等の「介護DX」の展開

・⾃⽴⽀援の助⾔コミュニケーションへICT・動画の応⽤展開

 

・介護DXの推進に必須のアイテム「iTherapy」の活⽤紹介


講師】 

川副 巧成(かわぞえ こうせい)

理学療法⼠/社会福祉⼠/介護⽀援専⾨員

【プロフィール】

1994年 ⻑崎⼤学医療技術短期⼤学部理学療法学科卒業

2004年 九州保健福祉⼤学⼤学院社会福祉学専攻修了

•社会福祉法⼈春秋会 リエゾン⻑崎 理事⻑

•Total Habilitation System 株式会社 代表取締役

•NPO法⼈キャピタル・リハ 代表理事

•Liaison Design 株式会社 代表取締役

•NPO全国在宅リハビリテーションを考える会 理事


ダウンロード
9月29日Webセミナーチラシ(お申込書つき).pdf
PDFファイル 513.3 KB

※お申し込みをされたメールアドレス宛にアクセスするためのURLを事前に送信いたします。


■お問合せ先

東七株式会社 東七介護サービス

〒857-0192 長崎県佐世保市瀬戸越4丁目1318-1 TEL  0956-37-6000 FAX 0956-41-0760


介護に関する総合案内窓口を目指して地域の皆様により質の高い幅広いサービスを提供してまいります。